物件探しの達人 レンタルオフィスの借り方ガイド

オフィスを賃貸で段取りすることと購入することを比較すると、それぞれにメリットデメリットがある。

物件探しの達人 レンタルオフィスの借り方ガイド

オフィスの賃貸サービス

企業活動をする上で、オフィスの段取りは企業の費用負担を左右する大きなポイントです。会社の経営の中で、施設使用料は人件費に続く大きな負担となります。賃貸にしても物件を購入して段取りするのにもそれぞれにメリットとデメリットがあります。それを見極めて、自社の体質や規模にあった体制を判断することが大事だと思います。

賃貸では、毎月賃貸料を不動産会社に支払う必要があります。これは物件を購入する費用と比較しますと比較的少額で済みますが、払ったお金は費用となってしまいます。購入した場合は、負担は大きいですが物件自体が会社の資産として形として残ることになります。税金面からの負担でいえば、購入した場合は毎年固定資産税を支払う必要が生じます。これは、土地の地価や家屋部分の価値によって税金が算出されますので、基本的に都心になれば相当高額の負担となります。したがって、都心部でオフィスを購入で構えることと、比較的田舎でオフィスを購入するのでは毎年のランニングコストで差が生じます。最近は、オフィス専門の賃貸物件を紹介してくれる不動産会社が増えてきています。インターネットで物件の検索をすることができるようにしてくれている不動産会社がほとんどですので便利になっています。こういった専門家に相談すると、購入と賃貸とでどちらが自社の体制にあっているかを判断してくれますので、迷っている方は相談してみるのも一案かもしれません。
おすすめ情報